こんにちは、あらり薬局です。

7月24日に西伊豆町保健センターにて大災害が起きた際の医療救護活動について集まりがありました。
大きな災害が起きると、交通網や医療機関、薬局などが大きな被害を受けるために医薬品や医療用具、酸素などが不足します。
特に西伊豆町は甚大な被害を受けることが想定されています。

あらり薬局には災害薬事コーディネーターが2名在籍しています。
薬事コーディネーターは大きな災害が起きたときに災害対策本部へ出向き、地域の災害状況を県へ伝達したり不足する医薬品の手配や救護所への割り振り、応援薬剤師の派遣などを行います。

西伊豆町は津波による浸水や交通の寸断により、災害直後の混乱が少し落ち着いたあとも薬が不足する可能性があります。普段からおくすり手帳を避難袋へ入れる、慢性疾患のある方は薬がなくなる前にゆとりをもって受診し予備薬を持つなどを心がけましょう。