DSC_1028

ナマコ壁の明治商家(中瀬家)

松崎町は静岡県伊豆半島の西南部にある。
松崎は、古くから伊豆西海岸の中心として栄えてきた港町。松崎も下田同様に室町時代中期から、小田原城を本拠にした北条氏の支配下であったが、天正18年に秀吉軍により下田城も小田原城の落城し、北条氏は滅亡した。豊臣秀吉により関東に移封された徳川家康は、今までの家康領地は秀吉に取り上げられ、かわりに家康には伊豆、相模、武蔵、下総、上総、上野の6ヶ国が与えられた。
家康は天正18年(1590)江戸城に入ると、早速三島代官を置き伊豆もその支配を受けるようになった。江戸時代に入り現松崎町の村々の多くは幕府領であり、松崎村も殆どの期間幕府領であったが、文化8年(1811)から旗本前田氏と相給支配となった。文化8年の戸数190戸(幕府領144・前田氏領46)、人数743人(幕府領650人・前田氏領93人)であった。
江戸は人口100万の大都会となっていた。この多くの人々の生活を支える莫大な量の物資が江戸に集中したが、これらの物資はすべて海路で運ばれた。江戸・大坂間を航行する船も多く伊豆が中継港であった。幕府は元和元年(1616)下田に船番改所をおき、同時に下田奉行をもおいて往来する廻船の大小積荷等を調べた。
その航路の中で遠州灘付近は最大の難所で、特に御前崎から子浦間の駿河湾口を横切ることは、危険な航路であり、悪天候の時は駿河湾内側沿岸沿いに、清水、沼津から伊豆西海岸を通る大廻航路を取った。